ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの今後と需要

 

ケアマネージャーは、資格試験が始まった当初、

 

福祉分野だけでなく、医療や保健分野の専門家たちが、

 

こぞって試験を受けました。

 

 

これは、ケアマネージャーの資格を取得することで、

 

その資格をアピールする意味も兼ねていたので、

 

実際にケアマネージャーの仕事をしている人は、少なかったのです。

 

 

最近のケアマネージャーの更新制度は、

 

そうした資格保持者が、現場で活躍していないことが、

 

問題として取り入れられた背景もあるのです。

 

 

このケアマネージャーの更新制度が始まってからは、

 

これまでの資格保持者も、業務には携わらなくても、

 

介護保険の詳細を知識として持ち合わせているので、

 

何らかの形で介護サービスに関わることが出来ます。

 

 

介護保険のサービスを受ける高齢者は、

 

これからも増加することはわかりきっていますから、

 

ケアマネージャーの今後も、需要は高まることが予想されます。

 

 

中には、ケアマネージャーの業務は、

 

激務過ぎるといった、厳しい意見もあります。

 

 

また、ケアマネージャーの待遇など、

 

まだまだ改善されなければならない点もありますが、

 

介護を必要としている人や、その家族から、

 

信頼されるような仕事をしていくことが、

 

これからの需要が高まるポイントとなるでしょう。

 

 

ケアマネージャーの今後は、自分たちの働きによって、

 

大きく左右されるといっても、過言ではないかもしれませんね。

 

 


借金用語