ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーと介護報酬

 

介護報酬とは、介護サービスを提供する事業者が、

 

国などからもらう報酬のことですが、

 

ケアマネージャーが、関係している介護報酬は、

 

居宅介護支援費を指します。

 

 

居宅介護支援費とは、ケアマネージャーが、

 

介護を必要としている人のケアプランを作成し、

 

それを算出したもので、その取り扱った件数や、

 

介護度によって、報酬の単位が変わります。

 

 

ケアマネージャーに、介護サービスを受けようとする人が、

 

ケアプランの作成を依頼することは、費用がかからないので、

 

介護報酬は、全額公費負担となります。

 

 

ケアプランの作成が、有料であれば、

 

誰もケアマネージャーに依頼しないでしょうし、

 

知識のない人のケアプランでは、

 

本当に必要なサービスが、提供されませんから、

 

適切なサービスの提供には、ケアマネージャーの活躍が欠かせません。

 

 

そして、介護報酬という点では、

 

施設によっては、ケアマネージャーは、

 

介護職員との兼務が認められるところと、

 

そうでないところがあります。

 

 

ですから、職員が足りないからといって、

 

安易にケアマネージャーが、介護業務をすると、

 

介護報酬がもらえない場合があるのです。

 

 

実際のところ、私の職場もそれに当てはまるので、

 

時には現場が恋しくなります。

 

 

ケアマネージャーの仕事は、かなり多いので、

 

介護業務まで手が回らないのが現実ですが、

 

このような介護報酬についても、詳しい知識が必要なのです。

 

 


借金用語