ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーと介護保険

 

ケアマネージャーは、介護保険から生まれた資格ですから、

 

介護保険に関しては、誰よりも詳しい知識を持っているくらいの、

 

気持ちでいて欲しいものです。

 

 

私も、ケアマネージャーの仕事を始める時に、

 

そういう目標を持っていました。

 

 

今はどうか・・・と聞かれると、まだまだですが(笑)、

 

毎日勉強しながらやっています。

 

 

勉強しなければならないことは多いですが、

 

ここでは初歩的なことを、少しだけ説明しましょう。

 

 

介護保険は、40歳以上の人が、保険料を支払い、

 

介護が必要な状態になった時に費用の1割を負担して、

 

介護サービスを受けられる仕組みになっています。

 

 

65歳以上の人を第一号被保険者と言い、

 

老化や病気などで介護が必要になった場合に、

 

保険の申請をし、認定されると、

 

ケアマネージャーのケアプランに沿ったサービスが、受けられます。

 

 

また、45歳以上で65歳未満の人は、

 

特定の病気にかかったときに限り、

 

介護が必要な状態であることを申請し、認定されると、

 

ケアマネージャーのケアプランに沿ったサービスが、

 

受けられることになります。

 

 

介護が必要な状態も、要支援と要介護の段階に分けられ、

 

それぞれ度数が決まっています。

 

 

その度合いによって、受けられるサービスも変わりますから、

 

ケアマネージャーは、介護度に関して、詳しい知識が必要なのです。

 

 

もちろん、介護保険全てに精通していることが、

 

ケアマネージャーには欠かせない条件であることは、言うまでもありません。

 

 


借金用語