ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの制度

 

ケアマネージャーは、資格制度が始まった当初は、

 

一度資格を取得すれば、そのまま継続できたのですが、

 

平成18年度から、5年ごとに研修を受けることが、

 

義務付けられました。

 

 

これには、ケアマネージャーの資質向上や、

 

知識の確認などが目的となっていて、

 

この研修を受けなければ、資格は停止されてしまうのです。

 

 

万が一、ケアマネージャーの研修を受けることを忘れてしまっても、

 

後で研修を受ければ、資格が更新されるのですが、

 

忘れることなく、しっかりと更新の研修を受けることが重要です。

 

 

また、介護保険は、定期的に見直しがされますから、

 

その都度、ケアマネージャーも、

 

知識の再確認をしなくてはなりません。

 

 

介護を必要としている人に、最適の介護サービスを提供するためには、

 

自分の知識も、常に最新のものにしておく必要があるのです。

 

 

そして、ケアマネージャーに関する他の制度の見直しについては、

 

担当業務の件数の削減があります。

 

 

ケアマネージャーは、約50件の担当を持つことが、定められていましたが、

 

さすがにその50件をこなすには、かなりの激務が予想されます。

 

 

忙しくなりすぎると、一人一人のサービス計画に

 

支障が生じる可能性もあることから、

 

現在は30件という指定になっています。

 

私としては、30件でも大変ですが(笑)。

 

 

介護保険の見直しに伴って、

 

これからもケアマネージャーの制度は、見直しが予想されますから、

 

いつも新しい情報に敏感でいなければなりません。

 

 


借金用語