ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの資格を取っても、就職には学歴も関係しますか?

 

こればかりは、その職場の管理者が、どういった考えを持っているかで、

 

左右されますから、一概に学歴が関係するとは言えません。

 

 

しかも、ケアマネージャーに関わらず、福祉関係の仕事では、

 

学歴はあまり重視されないからです。

 

 

社会福祉士のように、大学をでて、公務員として就職するとなると、

 

学歴も関係しますが、今のところ、ケアマネージャーの就職は、

 

学歴に大きな変化はないと思われます。

 

 

もちろん、ケアマネージャーの重要性が、今よりももっと高くなり、

 

より専門的な知識を持った、ケアマネージャーが必要になれば、

 

学歴も重要視される可能性もでてきます。

 

 

ただし、ケアマネージャーに学歴が関係するとなると、

 

今よりももっと試験内容は難しくなるでしょうし、

 

国家資格になるかもしれません。

 

 

ケマネージャーの資格は、これからまだまだ変化しますから、

 

その動向を見守るより他はないと言えるでしょう。

 

 

学歴を重視する職場に就職するなら、ケアマネージャーでなく、

 

社会福祉士の資格を取得することをお勧めします。

 

 

ケアマネージャーは、現在、学歴よりも、

 

人間性を重視しているようなところがあります。

 

 

学歴が高いこともアピールポイントになりますが、

 

やはり人と人とのつながりですから、

 

あまり気にしないほうがいいかもしれませんね。

 

 

心配な点が多いようでしたら、

 

ケアマネージャーの募集がでているところに、

 

問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

 


借金用語