ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの資格を取ると、就職には有利ですか?

 

あなたが今、福祉分野での就職を考えているのなら、

 

ケアマネージャーの資格は、就職には有利です。

 

 

例え就職先で、ケアマネージャーの募集をしていなくても、

 

ケアマネージャーの資格を持っている人を雇うということは、

 

業務の拡大も可能であるからです。

 

 

ケアマネージャーの資格を持っていても、実際にケアマネージャーとして、

 

業務についていないのだから、使い物にならないと、職場では考えません。

 

 

それは、平成18年度に行われた、介護保険の見直しで、

 

ケアマネージャーは、5年に1度、資格の更新研修を受けることが

 

義務付けられたからです。

 

 

この研修を受けなければ、

 

ケアマネージャーの資格を継続することが出来ません。

 

 

反対に、その研修を受けるということは、

 

ケアマネージャーとしての必要な知識を、

 

得ているという証拠になるわけですから、

 

雇う側としては、即戦力になるケアマネージャーは、

 

多ければいいと考えるに違いありません。

 

 

ケアマネージャーの仕事がしたいのに、

 

それが出来ないというのは、辛いでしょうから、

 

就職の際には、自分の希望をしっかりと伝えることが重要です。

 

 

今は、ケアマネージャーとしての仕事をしなくても、

 

いずれは・・・と思っていれば、

 

必ずその仕事が出来るはずです。

 

 

様々な仕事を経験するのも、ケアマネージャーの経験と思って、

 

色々なことに挑戦しましょうね!

 

 


借金用語