ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーとホームヘルパーの違いは何ですか?

 

ケマネージャーとホームヘルパーは、

 

カタカナ語ですが、全く違います。

 

 

まず、仕事内容ですが、ケアマネージャーは、介護サービス計画、

 

即ちケアプランを作成することが仕事となり、

 

ホームヘルパーは、その作成されたケアプランに沿って、

 

サービスを提供する仕事になるのです。

 

 

しかも、ホームヘルパーは、一定の講義と実習を修了すれば、

 

自動的に資格が取得できますが、ケアマネージャーは、

 

介護支援専門員実務研修受講試験に合格して、

 

実務研修を修了しなければ資格をもらえません。

 

 

ケアマネージャーの試験は、任用資格の中では難易度が高く、

 

合格率も20%と、かなり低めです。

 

 

また、ケアマネージャーは、一度資格を取っても、

 

5年に一度更新の研修を受けなければ、

 

資格が停止されてしまうのです。

 

資格を持ち続けるのも、ケアマネージャーは大変なのです。

 

 

さらに、ホームヘルパーは、受講の資格に規定はありませんが、

 

ケアマネージャーは、決められた国家資格を持ち、

 

その実務経験が5年以上なければ受験資格すら、与えられないのです。

 

 

これだけでも、かなり大きな差がありますね。

 

しかも、ここだけの話ですが、ホームヘルパーは、

 

いずれ廃止される可能性が高く、数年後には、

 

介護福祉士に資格が統一されるかもしれないとのことです。

 

 

ですから、介護の資格に興味がある人は、介護福祉士の資格を取り、

 

さらに、ケアマネージャーを目指すのが、王道と言えるかもしれません。

 

 


借金用語