ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーと介護福祉士の違いは何ですか?

 

ケアマネージャーと介護福祉士の違いは、介護の関わり方でしょう。

 

介護福祉士は、主に介護現場で、介護サービスを提供するプロになります。

 

 

ケアマネージャーは、その介護サービスを見極め、

 

担当の利用者さんにどんなサービスを提供するのか、考えるプロなのです。

 

 

簡単に言えば、体を使って介護サービスをするのが、介護福祉士で、

 

頭を使って介護サービスを提供するのが、ケアマネージャーと言うことになります。

 

 

実は、この2つの資格は、非常に似ている部分があります。

 

それは家族への相談業務です。

 

 

介護福祉士も、相談業務に就くことが出来ますから、

 

家族とのやり取りも、業務の一つなのですが、

 

ケアマネージャーが出来てから、それは少なくなっている傾向にありますね。

 

 

私も介護福祉士として、介護現場で働いていた時は、

 

相談業務までは手が回らず、ケアマネージャーが、

 

窓口になってくれていると、安心して業務が出来たものです。

 

 

ケアマネージャーと介護福祉士は、兄弟関係のような資格なのです。

 

もちろん、介護福祉士は、ケアマネージャーの受験資格になっていますから、

 

経験を積んだ介護福祉士が、ケアマネージャーとして活躍しているケースは、

 

かなり多くあります(私を含めて)。

 

 

介護のプロが、介護サービス計画を立てるプロになったら、

 

こんなに心強い味方は、いないかもしれませんよ。

 

 


借金用語