ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの資格を取ると、すぐに働くことができますか?

 

あなたが質問しているのは、

 

ケアマネージャーの学科試験のことでしょうか?

 

 

ケアマネージャーになるには、学科試験に合格し、

 

実務研修を受ける必要があります。

 

 

おそらく、あなたが考えているのは、

 

ケアマネージャーの学科試験のことでしょうね。

 

 

ケアマネージャーの学科試験に合格すると、

 

合格通知と一緒に、実務研修の案内が、

 

送られてくるはずです。

 

 

その実務研修は、前期と後期に分かれていて、

 

そのどちらも受けないと、ケアマネージャーとは認定されません。

 

 

すなわち、実務研修を無事に修了しなければ、

 

ケアマネージャーとしては、働くことは出来ないのです。

 

ですから、質問の「すぐに」という部分は、難しいことでしょう。

 

 

また、実務研修も、終了証をもらえなければ、

 

翌年研修を受けなおすことになります。

 

 

ケアマネージャーの実務研修は、翌年まで有効ですが、

 

それを過ぎると、再び学科試験から始めなければなりません。

 

せっかくの苦労が水の泡になってしまうのです。

 

 

ですが、きちんと実務研修を修了し、

 

即戦力として職場で活躍しているケアマネージャーはたくさんいます。

 

慌てずに、研修を終わらせて、ケアマネージャーとして働きましょう。

 

 

さらに、ケアマネージャーには、更新制度もあります。

 

5年に1回、研修を受けなければ、

 

資格が更新されませんから、注意しましょう。

 

 


借金用語