ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験のために通学するなら、時期を考えるべきですか?

 

ケアマネージャー試験の勉強は、独学や通信講座もありますが、

 

通学は、合格率が一番高いかもしれません。

 

 

通学で、ケアマネージャー試験の勉強をする場合、

 

時期を自分で考えるというよりも、学校の方で、

 

授業の開始時期を知らせてくれる場合があります。

 

 

こういった資格試験のための、通学というのは、

 

その試験日程に合わせて、カリキュラムが考えられますから、

 

ケアマネージャーの試験勉強も、タイミングを合わせることが出来ます。

 

 

ケアマネージャーの試験を考えている人は、

 

そのほとんどが仕事をしているはずですが、

 

最近では、そういった社会人専用の

 

ケアマネージャー通学講座を開催しているところもあるようです。

 

 

通学でケアマネージャーの勉強をするメリットとしては、

 

一緒に勉強する仲間ができ、また机の上の勉強が、

 

久しぶりなので、楽しく勉強することが出来ます。

 

 

私は独学でケアマネージャーの試験を受けましたが、

 

介護福祉士の資格を取る時は、通学でした。

 

 

回りは皆若い人たちでしたが、

 

一緒に勉強して、とても楽しかったのを覚えています。

 

 

通学の場合、勉強内容を覚えやすいというのも、

 

メリットと言えますね。

 

 

ケアマネージャーの試験を受けたいけれど、

 

金銭的・時間的に余裕がない場合には難しいですが、

 

集中して勉強するのであれば、通学という方法も、お勧めと言えます。

 

 


借金用語