ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの試験勉強で大変だったことは何ですか?

 

私は、ケアマネージャーの試験に3回目で合格しました。

 

さすがに3回目では「もう後がない」と、

 

自分に言い聞かせての受験でしたから、

 

プレッシャーもかなりありました。

 

 

ケアマネージャーの試験勉強は、多くの問題を解くことで、

 

試験問題に慣れることができるようになります。

 

 

そして、実際のケアマネージャーの試験でも、

 

短い時間で問題を解くことができるようになりました。

 

 

ですが、最初の試験では、介護支援専門員基本テキストを、

 

とにかく暗記していたので、出題された問題に全く答えられず、

 

ものすごくショックでした。

 

 

ケアマネージャーの試験勉強を、どうやって行ったらいいのか、

 

それを発見するまでが大変でしたね。

 

 

しかも、年々ケアマネージャーの試験問題が難しくなって、

 

2回目の受験では、こんなことまで知らなければならないのかと、驚きました。

 

 

3回目の受験では、とにかく問題集をいくつもこなして、同じような答えでも、

 

問題文が違うケースを、繰り返し解いていきました。

 

 

おかげで、問題文を読むのが早くなりましたし、

 

答えを考える時間も多くなりました。

 

 

ケアマネージャーの試験勉強は、確かに大変でしたが、

 

自分の得意分野から問題を解いて、勉強する気持ちを強くすることが、

 

一番のポイントだったかもしれません。

 

 

自分の集中力が、持続する期間にケアマネージャーの試験勉強をしたことも、

 

合格できた大きな理由でしょうね。

 

自分に合った勉強法を、いち早く見つけることが、大切と言えますよ。

 

 


借金用語