ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーに向いている性格は?

 

ケアマネージャーに向いている性格と言われても、なかなか難しいのですが、

 

やはり、相手の身になって物事を考えられる人ではないでしょうか。

 

 

ケアマネージャーは、介護が必要な人又は家族からの希望をできるだけ尊重して、

 

色々な手立てを考えなければなりません。

 

 

ですから、臨機応変な性格も、

 

ケアマネージャーには向いていると言えます。

 

 

また、介護保険や介護サービスについて、

 

利用者さんや家族にわかり易い説明をする機会が、かなり多くなります。

 

 

言葉というのは、使い方次第で、相手を不快な気分にしてしまうこともありますから、

 

そういった言い方にも、十分気を配る必要があるでしょう。

 

 

さらに、ケアマネージャーは、ケアプランの作成から、申請代行、

 

聞き取り調査など、ありとあらゆる業務があります。

 

 

作成しなければならない書類も多く、こまめに書類を作成しなければ、

 

後で大変なことになります。

 

 

ですから、細かな仕事を嫌がらず、

 

地道にこなしていく器用さも重要でしょう。

 

 

といっても、私は、これらの条件に当てはまらないかもしれません。

 

私の場合は、利用者さんとその家族の喜ぶ顔が見たくて

 

ケアマネージャーをやっているので、

 

書類もいつもまとめてやる羽目になっています(笑)。

 

 

この文章を書きながら、「そうか、私も見習わなきゃ」と思ってしまうので、

 

これからは、書類をこまめに作成したいと思います。

 

 


借金用語