ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーに求められるものとは?

 

ケアマネージャーに求められるものって何でしょうか?

 

それは、豊富な知識とコミュニケーション能力ではないでしょうか。

 

 

もちろん、ケアマネージャーとしての倫理観は忘れてはなりませんが、

 

実際に、ケアマネージャーとしての業務をこなす時に、

 

福祉や医療について、詳しい知識を求められるでしょう。

 

 

ケアマネージャーには、介護福祉士やホームヘルパーのほかに、

 

医師や看護師、歯科衛生士や理学療法士などの

 

各分野での専門家が活躍しています。

 

 

自分の専門分野を十分に生かして、

 

ケアマネージャーとして働くのは結構ですが、

 

介護を必要としている人へのケアプランを立てるには、

 

自分の専門分野の知識だけでは、不十分なのです。

 

 

例えば、私は、介護福祉士の資格を持っていますから、

 

福祉関係の知識はある程度、持っています。

 

 

ですが、医療の知識には乏しいため、

 

ケアプランを立てなくてはならない対象者が、

 

病気などを抱えている場合に、

 

ケアマネージャーとして、医学の知識がなければ、

 

その人に適したプランを作成することは出来ません。

 

 

もちろん、様々な知識を全て持っていなければならないわけではなく、

 

どういった場合に、どの分野に相談すればよいのか、

 

といった手段を知っておくことが重要なのです。

 

 

その手段を有効に使うためのコミュニケーション技術も、

 

ケアマネージャーには、欠かせないことです。

 

 

色々な機関とのつながりを、しっかりと持っていることが、

 

ケアマネージャーに、求められていることではないでしょうか。

 

 


借金用語