ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーになってよかったですか?

 

それはもちろん良かったです!

 

私は自分でずっとケマネージャーになることを希望していたので、

 

ケアマネージャーの試験に合格した時は、本当に嬉しかったです。

 

 

しかも、実際に仕事をしてみて、

 

やりがいのある内容に感動しています!

 

 

私は、介護福祉士として、介護現場に長く勤めていました。

 

主に介護施設でしたが、利用者さんの数が多く、

 

一人一人にあわせたケアが、なかなか出来ないことに疑問を感じていたのです。

 

 

もう少し工夫すれば、何とかなるのでは、と思っていても、

 

介護現場は、チームで動いていますから、自分1人が勝手なことは出来ません。

 

 

さらに、毎日の業務をこなすことに精一杯で、

 

利用者さんの表情を見ることも、できなくなっていたのです。

 

 

そこで、私は、できるだけ一人一人にあった、

 

介護サービスを考える仕事がしたいと、思うようになりました。

 

その時に浮かんだのが、ケアマネージャーだったのです。

 

 

実は、そのずっと前にケアマネージャーの試験を受け、不合格でした。

 

その時は、とりあえず受けてみようという軽い気持ちだったので、

 

あまり気にしていなかったのですが、もう一度挑戦しようと思い、

 

老体に鞭打って(笑)奮起したのです。

 

 

結果として、3回目の受験でケアマネージャーになれましたが、

 

仕事内容は大変ですが、それだけやりがいもあって、楽しいです。

 

 

時には辛いこともありますが、嬉しいことが多いというのが、

 

ケアマネージャーの仕事の感想です。

 

 


借金用語