ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーと社会福祉士の給料の違いはどれくらいですか?

 

ケアマネージャーと社会福祉士は、

 

職業柄内容が似ている点がありますが、

 

社会福祉の方が給与は高めです。

 

 

それは、社会福祉士は、国家資格であって、

 

資格を取得する条件も非常に厳しいものがあるからです。

 

 

専門の大学をでて、国家試験に合格すると、

 

社会福祉士の資格を手にすることができますが、

 

合格率は激低なのです。

 

 

大学に入って無事に卒業することが、まず難関でしょう。

 

ケアマネージャーの試験も、難易度は高いと言われていますが、

 

社会福祉士の試験には、到底及ばないのです。

 

 

しかも、社会福祉士の場合、国家公務員として、

 

働いているケースもあります。

 

 

ケアマネージャーは、そうはいきませんから、

 

給与面を比べると、社会福祉士の方が、高くなるわけです。

 

 

もちろん、社会福祉士の資格があって、

 

ケアマネージャーの試験を受け、合格すれば、

 

ケアマネージャーとしても働けますし、

 

職場では社会福祉士の資格も活かせるでしょう。

 

 

ケアマネージャーの場合、

 

単独の資格で給料をもらっている人は、ほとんどいませんから、

 

社会福祉士を併せ持っていれば、給与は高くなります。

 

 

社会福祉士の資格があれば、

 

今のうちにケアマネージャーの資格も手にして、

 

活躍の場を広げるといいですね。

 

 

ケアマネージャーと社会福祉士、両方の資格があると、

 

かなりのアピールポイントになるでしょう。

 

 


借金用語