ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの仕事は激務と聞いたのですが、本当ですか?

 

本当です・・・。

 

現在ケアマネージャーとして働いている

 

私が言うのですから、本当です。

 

 

もちろん、ケアマネージャーの中には、激務ではない!

 

と言ってくれる人も、いるかもしれませんが。

 

 

ケアマネージャーが、激務と言われるのは、

 

担当する利用者さんの人数が多いことや、

 

一人一人違うサービスを細かに検討しなければならないこと、

 

サービス計画を立てた後も、そのフォローを続けていかなくてはならないこと、

 

などがあるでしょう。

 

 

ケアマネージャーは、事務職なんだから、体力的にはきつくないでしょ、

 

と言う人もいますが、体力的に辛いなら、なんとかなります。

 

 

ケアマネージャーの場合、家族や利用者さん本人とのやり取り、

 

関係機関との連携と言った、人と人の間に立って行う仕事がほとんどです。

 

 

利用者さん本人の希望と、家族の希望が違う、

 

関係機関とうまくいかない、などの問題があれば、

 

ケアマネージャーがそれを取り持つことになるのです。

 

 

しかも、担当の利用者さんが多いとなると、

 

毎日大変なのは、想像がつくでしょう。

 

 

それでも、ケアマネージャーを辞めようと思わないのは、

 

やはり、利用者さんや家族の笑顔ですかね。

 

 

やってよかった、と思わせてくれるのが、

 

ケアマネージャーの仕事なので、

 

今のところ激務にも耐えています(笑)。

 

 

どんな仕事でも、大変なことはあると思いますから、

 

ケアマネージャーだけが特別とは、思わないようにしていますよ。

 

 


借金用語