ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーになるにはどれ位勉強すればいいですか?

 

ケアマネージャーの試験勉強は、どれだけやれば必ず合格できる、

 

という目安は私にはわかりません。

 

 

私は、3回目の受験で、ケアマネージャーに合格しましたが、

 

勉強時間は、回数を重ねるごとに、少なくなったからです。

 

 

おそらくこれは、ケアマネージャーの試験勉強の

 

要領の違いではないでしょうか。

 

 

最初のケアマネージャーの試験では、

 

介護支援専門員基本テキストを、

 

ただ丸暗記しようとして、見事に失敗(笑)、

 

時間だけが過ぎてしまいました。

 

 

2回目のケアマネージャーの試験では、

 

問題集を中心に勉強しましたが、

 

なめていた科目があり(保健医療サービス総合)、そこで撃沈(笑)。

 

 

3回目のケアマネージャーの試験では、

 

問題集や過去のケアマネージャー試験の

 

問題を集中して解いて、やっと合格。

 

 

特に、3回目の挑戦では、

 

試験期間は半年なかったように思います。

 

 

ケアマネージャーの試験は、確かに難しいのですが、

 

出題傾向をきっちりつかんで、多くの問題を解けば、

 

知らず知らずのうちに知識が身についてきます。

 

 

ケアマネージャーの試験を受けるための準備期間を長く持っても、

 

集中力が途切れてしまっては、意味がありません。

 

 

大切なのは、自分の意識をどこまで強く保ち、

 

勉強を続けられるかで、その期間を自分なりに把握することではないでしょうか。

 

 

ケアマネージャーになるんだという気持ちを、しっかり持っていれば、

 

合格できるに違いありません!

 

 


借金用語