ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーはやりがいがある仕事ですか?

 

ケアマネージャーは、やりがいがものすごくある仕事だと感じています。

 

ある意味、ケアマネージャーは、事務職なのですが、

 

そうとは思えない幅の広さがあるのです。

 

 

私くらいの年齢では、まだ自分に必要な介護サービスなんて、

 

まるで思いつきませんが、ある程度の年齢になると、

 

介護について不安を抱くものです。

 

 

介護保険が導入されて、これから介護を受ける人は安泰です、

 

と言ったイメージがありますが、実際のところ、介護が必要な状態になっても、

 

どうやって介護サービスを利用したらいいかわからない、という人がほとんどです。

 

 

そういう人のために、存在しているのがケアマネージャーで、

 

介護が必要な人の希望をかなえるために日夜努力しているのです。

 

 

自分の力量一つで、利用者さんに良いサービスを

 

受けてもらえるかが決まるので、責任は重大です。

 

 

しかも、利用者さんのお宅を定期的に訪問し、

 

受けているサービスが適正かどうかを、

 

チェックすることも必要になります。

 

 

担当の利用者さんが多ければ多いほど、

 

必然的に仕事も多くなりますから、

 

激務と言われても仕方ありません(本当にそうですから)。

 

 

私が、ケアマネージャーとして、一番やりがいを感じるのは、

 

計画した内容を利用者さんやその家族が、とても喜んでくれている姿を見た時です。

 

 

介護職員の頃から、できるだけ利用者さん一人一人にあった

 

サービスの提供を心がけていたので、ケアマネージャーになっても、

 

それが実現できた時は、嬉しいですね。

 

 


借金用語