ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーにはすぐになれますか?

 

残念ですが、それは無理ですね。

 

例えば、あなたが、医師や看護師、

 

介護福祉士や社会福祉士のような国家資格を持っているのなら、

 

試験の申し込みをして、必死に勉強すれば、すぐとは言えませんが、

 

ケアマネージャーになることは可能です。

 

 

ですが、なんとなくケアマネージャーって良いかもと言った思いつきでは、

 

ケアマネージャーになるのは難しいでしょう。

 

 

しかも、国家資格がなければ、まずはその国家資格を取ることから

 

始めなければなりません。

 

 

介護福祉士は、実務経験が3年以上あれば、

 

試験を受けることはできます。

 

 

ケアマネージャーは、そういった資格を持って尚且つ、実務経験が5年以上と、

 

合計すれば非常に長い時間が必要なのは、おわかりでしょう。

 

 

国家資格があるとないとでは、

 

それだけかかる時間も、難しさも変わります。

 

 

私のように、国家資格を持っていても、

 

一発で合格できない人もいますし、

 

そうなると、ケアマネージャーを取得するには、

 

数年かかってしまうことになります。

 

 

もちろん、国家資格を取得するにも、かなりの努力が必要ですよ。

 

「なりたい=すぐなれる」ということが通用しないのが、

 

ケアマネージャーだと思って下さい。

 

 

タイミングよく、国家資格を持っているのであれば、

 

今がケアマネージャーの勉強を始めるチャンスと言えるかも知れませんが。

 

 

興味があれば、ケアマネージャーについて

 

詳しく調べてみるといいですね。

 

 


借金用語