ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーは、国家資格ですか?

 

私も、ケアマネージャーの試験を受けるまでは、

 

国家資格だと思っていました。

 

 

それは、ケアマネージャーの試験が1年に1回しかないことと、

 

受験資格があること、試験科目が専門的であることで、そう思っていたのです。

 

 

それが、ケアマネージャーの試験について、ネットで詳細を調べた時に、

 

「ケアマネージャーは国家資格ではない」という一文が、目に入ったのです。

 

 

「ケアマネージャーは、国家資格じゃないのに、

 

どうしてこんなに難しいの?」と、正直思いました。

 

 

ケアマネージャーは、学科試験と実務研修の2つをクリアーして、

 

初めて資格を手にすることができます。

 

 

実務研修で、最終的にケアマネージャーとして、

 

登録できることから、国家資格ではなく、

 

任用資格という基準になっているようですね。

 

 

ケアマネージャー試験の受験資格に指定された国家資格を持っていること、

 

となっていますから、受験する段階で、かなりハードルが高くなります。

 

 

また、ケアマネージャー試験の科目も、

 

専門的な内容が多いので、ケアマネージャーになること自体が、

 

国家資格に近いものであることは間違いありません。

 

 

もしかしたら、高齢者社会の進み具合と、

 

介護保険制度の見直しで、近い将来ケアマネージャーが、

 

国家資格になる日も近いかもしれませんよ。

 

 

そうなると、もっとケアマネージャーの試験内容が、

 

難しくなりそうですが(笑)。

 

 


借金用語