ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーって大切な仕事ですか?

 

ケアマネージャーは、介護を必要としている人にとって、

 

頼みの綱と言える存在です。

 

 

介護保険が導入され、介護が必要な人は、

 

自分でそのサービスを選ぶことができると言われていますが、

 

実際のところ、内容が難しくてうまく利用できないのです。

 

 

そういった人のお手伝いができるのが、

 

ケアマネージャーと言えます。

 

 

ケアマネージャーは、介護が必要とされる人や、

 

その家族が安心して介護サービスを受けることが出来るように、

 

様々な手段を提示します。

 

 

介護保険が導入されて、かなり年月が立ちますが、

 

介護保険について、詳しい知識を持っている人は、まだ少ないのです。

 

 

ケアマネージャーは、そういう人に、介護保険の内容を、

 

わかりやすく説明し、有効に介護保険を利用してもらえるように

 

お膳立てをし、援助をしていく仕事です。

 

 

ケアマネージャーになるには、

 

難しい試験に合格しなければなりませんが、

 

私は、多くの人に、介護保険をもっとうまく使って欲しいという気持ちがあって、

 

3回目の受験で、ケアマネージャーになることが出来ました。

 

 

実際にケアマネージャーの仕事をしてみると、

 

思っていた以上に難しいですが、

 

やりがいはとても大きいものです。

 

と同時に、とても大切な仕事だと実感しています。

 

 


借金用語