ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の科目:福祉サービス

 

ケアマネージャー試験科目の福祉サービス分野は、

 

福祉に関する知識なので、普段あまり関わらない人には、

 

ちょっと特殊かもしれません。

 

 

介護支援分野とかぶる部分があるので、

 

制度に関しては、介護支援分野の勉強で間に合うはずです。

 

 

最近のケアマネージャーの試験で、出題されている傾向にあるのは、

 

地域密着サービスや、訪問介護、介護予防などです。

 

 

そして、福祉用具や、住宅改修に関する問題も、度々出題されていますから、

 

幅広い知識が必要とも言えます。

 

 

ですが、介護福祉士の資格を持っている私としては、

 

この福祉サービス分野は、比較的易しい内容になっている感じがします。

 

 

よく考えれば、ケアマネージャーとしてというよりも、

 

人間としてどう対応するべきか、といった問題も多く、

 

倫理的に考えれば、わかりやすいような気がするのです。

 

 

自分が答えられない分野だから、

 

ひがんでいるのかもしれませんが(笑)。

 

 

また、ケアマネージャーの試験に限ったことではありませんが、

 

個人情報の保護、守秘義務なども、福祉サービスではよく耳にする言葉です。

 

 

ケアマネージャーの試験問題は、文章を読むことが大変と言われますが、

 

この福祉サービス分野でも同じことが言えます。

 

 

さっと目を通して、よくわからないと感じたら、次の問題を解き、残った時間で、

 

じっくりと文章を読めば、意外に理解できるものです。

 

 

ケアマネージャーの試験科目では、落ち着いて解けば、

 

点数を稼げる分野と言えるかもしれません。

 

 


借金用語