ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの倫理観

 

ケアマネージャーの倫理観と言われると、

 

ものすごく難しいイメージを与えてしまいそうですが、

 

心構えと思って頂ければいいでしょう。

 

 

ケアマネージャーの倫理観として大切なことは、

 

まず介護を必要としている人の、

 

気持ちや考えを尊重することです。

 

 

ケアマネージャーの仕事であるケアプランを作成する際には、

 

介護サービスを利用する人の気持ちをいかに取り入れて、

 

有意義な計画をたてるかが、とても重要になります。

 

 

また、その家族の意向も取り入れなければなりませんから、

 

ケアマネージャーには、人権や主体性を尊重する姿勢が求められます。

 

 

そして、必要でないサービスを押し付けることや、

 

自分の職場を専門的に利用するように、

 

働きかけたりする行為は、してはならないことになっています。

 

 

つまり、中立・公平性を保つことが、

 

ケアマネージャーの倫理観でもあるのです。

 

 

さらに、ケアマネージャーに限ったことではありませんが、

 

介護を必要としている人の得た情報を、外部に漏らしてはなりません。

 

 

個人情報の保護と言うことが、

 

最近大きな問題になっていますから、

 

ケアマネージャーも、十分配慮する必要があります。

 

 

難しい面も確かにありますが、ケアマネージャーの重要性を考えれば、

 

きちんと守らなければならない点だと言えます。

 

 

介護を必要としている人の生活にある程度踏み込む、という意識で、

 

ケアマネージャーの仕事をするべきと言えるでしょう。

 

 


借金用語