ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の科目:保健医療サービス総合

 

ケアマネージャー試験の保健医療サービス総合は、

 

一言で言うと、曲者です。

 

 

理由は、どんな問題が出題されるのか、なかなか予測が出来ず、

 

本当に「総合的」な内容だからです。

 

 

「こんなこと、高齢者の特徴なの?」と思うくらい、

 

専門的な内容が出題されることも多く、

 

ケアマネージャーって看護師みたい、と感じたものです。

 

 

私は、老人保健施設で長い間働いていたので、

 

医療の知識にはちょっと自信がありました。

 

 

ですから、この保健医療サービス総合も、特に力を入れて勉強しなくても、

 

何とかなると思っていたのです。

 

 

ところが、試験問題を見てびっくり!!

 

「低栄養って何?」、「居宅療養指導管理って何?」、

 

「口腔ケアって何?」、「こんなにいろいろ方法があるの?」

 

といった専門的過ぎる問題が目白押しで、

 

多分始めてのケアマネージャー試験では、

 

ほとんど回答できませんでした。

 

 

しかも、ケアマネージャーの試験は、択一ではないので、

 

正解を2つ選べ、という問題もあれば、3つ選べという問題もあります。

 

 

つまり、適当な知識では、この保健医療サービス総合は、

 

点数が取りにくいと言えます。

 

 

ケアマネージャーの試験科目は、例え満点の分野があっても、

 

他の分野で、点数が取れなければ、不合格となります。

 

 

問題数の8割の正解数と言っても、それぞれの分野で8割の正解率でなければ、

 

ケアマネージャーの試験に合格することは出来ないでしょう。

 

 

ケアマネージャーの資格を手にするには、どんなに大変でも、

 

頑張ってもらわなければならない科目です。

 

 


借金用語