ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の科目:保健医療サービス基礎

 

ケアマネージャー試験の保健医療サービス基礎は、

 

高齢者についても基本的な知識や、

 

高齢者がかかりやすい疾患などの知識を確認するための科目です。

 

 

特に、高齢者の疾患に関係する問題は、毎年数多く出題されていますから、

 

あまり、そういった方面に詳しくない人は、新たに勉強する必要があります。

 

 

また、介護福祉士などの資格を持っていても、

 

特別養護老人ホームで働く職員よりも、

 

老人保健施設で働いている人の方が、

 

疾患に関しては知識が豊富ですから、

 

この分野では有利かもしれません。

 

 

過去のケアマネージャーの試験問題を見ても、

 

高齢者のかかりやすい疾患や、

 

血液検査の値に関するものが、多く出題されています。

 

 

数値や、疾患名など、よく耳にするものは、しっかり覚えると共に、

 

過去のケアマネージャー試験で出題された問題を解いて、

 

傾向をつかんでおきましょう。

 

 

ケアマネージャー試験の中で、この保健医療サービス基礎は、

 

比較的点数が取りやすい内容となっています。

 

 

介護支援分野は、なかなか取り掛かりにくいと言う人は、

 

この保険医療サービス基礎から始めてみると、

 

意外にケアマネージャーの勉強が進む場合があります。

 

 

実は、私もこの保健医療サービス基礎から勉強を始めました。

 

介護福祉士として、老人保健施設で働いていた経験があったので、

 

疾患に関しては、割と知識があったのです。

 

 

最初から介護支援分野の勉強を続けていたら、

 

途中で時間がなくなったかもしれません。

 

 

ケアマネージャーの試験勉強は、

 

科目の順番も重要かもしれませんね。

 

 


借金用語