ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の科目:介護支援分野

 

ケアマネージャーの試験科目である介護支援分野ですが、

 

これは免除されることのないもので、

 

ケアマネージャーの必須科目と言っても良いでしょう。

 

 

介護支援分野は、介護保険に関する知識や、介護認定に関する内容、

 

各介護サービスの内容や違いなどが、出題されています。

 

 

ケアマネージャーとして、必ず知っておかなければならないことですから、

 

ここだけは、しっかりと勉強しましょう。

 

もちろん、他の分野も頑張らなければ、いけませんが(笑)。

 

 

しかも、ここ数年のケアマネージャーの試験では、

 

介護支援専門員基本テキストの文章を丸写しした問題は、

 

ほとんど出題されません。

 

 

かなり応用した内容になっているので、

 

テキストを丸暗記しただけでは、恐らく答えられません。

 

 

具体例を挙げれば、ケアマネージャーを配置する際の正しい条件や、

 

介護申請の届出の必要性など、答えに迷う内容が多く出題される傾向にあります。

 

 

年齢や、定員など数字の面で、

 

ケアマネージャーの試験問題が出されることもよくありますので、

 

はっきりした数字については、きちんと把握しましょう。

 

 

そして、平成18年に介護保険の見直しが行われ、

 

制度自体が大きく変更になった部分があります。

 

 

その後はまだ、介護保険の見直しは行われていませんが、

 

新しくなった部分など、ケアマネージャー試験には、頻繁に出題されています。

 

 

介護支援分野は、ケアマネージャーだけが知っている知識と考えれば、

 

気合も入るのではないでしょうか。

 

 


借金用語