ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の免除科目

 

ケアマネージャー試験は、

 

国家資格によって免除科目があります。

 

 

ケアマネージャーの試験科目は、全部で4科目あり、

 

介護支援分野を始め、保健医療サービス基礎、

 

保健医療サービス総合、福祉サービス分野となっています。

 

 

自分の持っている国家資格で、どれだけ受験科目が免除になるかは、

 

ケアマネージャーの受験要綱を取り寄せると、詳しく記載されていますから、

 

前もって調べておきましょう。

 

 

もちろん、この免除科目は、その分野のプロと言うことですから、

 

知識があることが前提となっています。

 

 

正直、介護福祉士を持っている私でも、

 

福祉サービス分野の問題は、わからないものもありました(笑)。

 

それではいけないのですが・・・。

 

 

そして、免除科目が多ければ多いほど、

 

ケアマネージャーの勉強も科目を絞って行うことが出来ます。

 

 

医師や歯科医師で、さらに介護福祉士などの資格があれば、

 

ケアマネージャー試験では、介護支援分野のみの受験となりますから、

 

その分野だけ一生懸命勉強すれば、合格しやすいということになるのです。

 

 

こうした内容を聞くと、羨ましい限りですが、

 

それだけ医師や歯科医師の資格をとるには、

 

かなりの苦労があったはずです。

 

 

ケアマネージャーの試験を受ける段階になって、

 

他の資格保持者をうらやんでも仕方ないですから、

 

自分のやるべきことに集中しましょう!

 

 


借金用語