ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの試験時間

 

ケアマネージャーの試験時間は、

 

受験する人の持っている国家資格によって違います。

 

 

例えば、医師や歯科医師は、介護支援分野と福祉サービス分野の

 

2つを受験することになっていて、試験時間は40分です。

 

 

そして、介護福祉士や社会福祉士などは、

 

介護支援分野と、保健医療サービス基礎、

 

保健医療サービス総合の3科目となっていて、

 

試験時間は90分です。

 

 

その他にも、国家資格によって試験時間は違いますが、

 

どの資格保持者でも、1問にかけられる時間は、約2分程度です。

 

 

ケアマネージャーの試験は、1問を2分で解けばいい、と感じたでしょうか?

 

2分と言うのは、問題を読んで考え、答えを導き出すには、ちょっと短いのです。

 

しかも、問題文にてこずっていると、どんどん時間がなくなり、慌ててしまいます。

 

 

ですから、ケアマネージャーの試験勉強は、

 

問題集を数多くこなし、問題に慣れることが大切なのです。

 

 

ケアマネージャー試験の過去の問題を解くことでも、

 

試験問題の傾向をつかむことができるので、

 

できるだけ勉強に取り入れましょう。

 

 

問題文を見て、ぱっとひらめくことができれば、

 

ケアマネージャーの試験も時間をかけずに、

 

スムーズに問題が解けるのではないでしょうか。

 

 

もちろん、試験科目の免除は、

 

その分野に長けているという前提条件ですから、

 

ケアマネージャーの試験に合格したら、

 

免除科目にも挑戦することをお勧めしますよ。

 

 


借金用語