ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの受験に必要な期間

 

ケアマネージャーの試験に必要とされる期間ですが、

 

私の場合は、約半年でした。

 

 

勉強にかける時間や、試験の申し込みの際、

 

準備する必要書類をそろえるにも、

 

ある程度の時間がかかります。

 

 

また、ケアマネージャーの試験には、受験資格である国家資格が必要で、

 

それがない場合には、ケアマネージャーの試験に申し込むことは出来ません。

 

 

ですから、何の資格もなく、ケアマネージャーを目指す人は、

 

まず、国家資格を取得する所から始めなければならないので、

 

かなりの期間を要することになります。

 

 

例えば、介護福祉士は、実務経験が3年で取得できますが、

 

ケアマネージャーは、さらにそこに5年の実務経験を必要とします。

 

 

これだけでもかなりの期間となりますね。

 

しかも、国家試験は、1年に1回の割合でしか行われませんから、

 

その年に合格しなければ、翌年まで待たなくてはなりません。

 

 

ケアマネージャーは、国家資格ではないのに、資格を取ることが難しいのは、

 

こういった国家資格を取得することが、とても大変だからです。

 

 

ケアマネージャーの受験資格を満たしている人は、試験勉強に専念できますが、

 

試験の申し込みで不備があると、受験自体が出来なくなりますから、

 

試験勉強をしながら、受験申し込みも早めに行うと、勉強に集中できるでしょう。

 

 

ケアマネージャーの受験には、

 

勉強以外の準備期間も頭に入れて取り組むことが重要です。

 

 


借金用語