ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の勉強ポイント

 

ケアマネージャーの試験勉強をする時に、

 

ポイントとして挙げられることが多いのは、

 

時間をかけすぎない、ということです。

 

 

ケアマネージャーの試験は、毎年10月辺りに行われますから、

 

1年以上かけて、勉強する人もいるかもしれません。

 

 

時間をかけて勉強すれば、色々なことが頭に入り、さぞかし試験も簡単、

 

と思うかもしれませんが、あまりに時間をかけてしまうと、かえって難しくなるのです。

 

 

また、ケアマネージャーの勉強に時間をかけるということは、

 

それだけ集中力が必要になります。

 

 

しかも、仕事をしている場合には、ケアマネージャーの勉強だけに、

 

時間を割くことも容易ではありません。

 

 

ですから、ケアマネージャーの試験勉強は、

 

半年くらい前から始めるのが妥当です。

 

 

半年であれば、勉強の計画も立てられるでしょうし、

 

ケアマネージャーの通信講座などは、半年で勉強を終えるような、

 

カリキュラムになっているところが多いのです。

 

 

また、正直言って、ケアマネージャーの試験勉強と、

 

ケアマネージャーとしての知識は、若干違います。

 

 

まずは、ケアマネージャーになることを優先し、

 

試験によく出題される分野を勉強するのが、お勧めとも言えるでしょう。

 

 

そして、ケアマネージャーになった時には、

 

良い仕事をするための勉強を日頃から心がけ、

 

常に向上心を持って実力をつけましょう。

 

 


借金用語