ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の勉強方法

 

ケアマネージャーの勉強方法は、

 

とにかく問題集をたくさん解くことです。

 

 

そして、過去のケアマネージャー試験の出題傾向がわかるので、

 

是非、解いて欲しいと思います。

 

 

ケアマネージャーの試験は、持っている資格によって、

 

受験科目が違います。

 

 

例えば、介護福祉士などの福祉系の資格を持っている人は、

 

福祉サービスの基礎と言う科目が免除となります。

 

 

そして、医師や看護師と言った、医療系の資格を持っている人は、

 

保健医療サービスの基礎という科目が免除となるのです。

 

 

これは、その分野の国家資格を持っている人は、当然わかることであるから、

 

免除されている内容で、試験勉強は必要ありませんが、

 

知識として持っていなくてはなりませんから、ケアマネージャーの試験に合格したら、

 

一度、勉強した方がいいかもしれませんね。

 

 

そして、ケアマネージャーの試験勉強として、

 

問題集だけでは不安、という場合には、

 

参考書も一冊準備するといいでしょう。

 

 

どんな勉強もそうですが、参考書を色々とそろえてしまうと、

 

どれを基準に勉強すればいいのかが、わからなくなってしまうので、

 

自分がわかりやすいと感じた参考書だけを活用しましょう。

 

 

最近のケアマネージャーの試験問題集は、なぜそういった答えになるのかが、

 

詳しく解説されているものがありますから、そういうものを使うと、

 

ケアマネージャーの勉強をしながら、知識も身につけることができるでしょう。

 

 


借金用語