ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの試験勉強をする前に

 

ケアマネージャーの勉強をする時に、

 

抑えておきたいポイントがあります。

 

 

それは、ケアマネージャー試験の問題集を、

 

できるだけ多く活用し、たくさんの問題にチャレンジすることです。

 

 

ケアマネージャーの試験は、「介護支援専門員基本テキスト」と言う、

 

非常に分厚いテキストから出題されています。

 

 

このテキストは、4巻あって、それを全て読んで理解すれば、

 

ケアマネージャーの試験も、余裕で合格のような気がしますが、

 

そう単純ではありません。

 

 

しかも、介護支援専門員基本テキストは、

 

本当に面白くありません(笑)。

 

 

読んでいても、何をどう覚えればいいのか、

 

さっぱりわからないのです。

 

 

私も最初は、このケアマネージャーの基本テキストを購入して、

 

真面目に読み、試験勉強をしましたが、なかなかうまく進みませんでした。

 

 

すると、私よりも先に、ケアマネージャーの試験に合格した友人が、

 

ケアマネージャーの基本テキストを最初から読んでも、それは時間の無駄、

 

ときっぱり言われてしまったのです。

 

 

彼女が、ケアマネージャーの試験に合格したのは、

 

問題集を数多く解いたからで、どんなことを覚えればいいのかは、

 

テキストよりも、問題集のほうがわかりやすいとのことでした。

 

 

そのアドバイスを活かし、私も問題集をどんどん使い、

 

ケアマネージャーの試験に合格することが出来ました。

 

 

ですから、ケアマネージャーの試験勉強は、

 

時間を効率よく使うことが合格のための秘訣とも言えるでしょう。

 

 


借金用語