ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの重要性

 

ケアマネージャーの重要性とは何でしょうか?

 

それは、自分に適した介護サービスを受けるために、

 

なくてはならない存在ということでしょう。

 

 

しかも、介護施設では、必ず1名以上の

 

ケアマネージャーを置かなくてはならず、

 

介護保険の中でのケアマネージャーの重要性は、

 

非常に高くなっているのです。

 

 

また、介護サービスを受けるためのケアプランも、

 

ケアマネージャーが、作成するケースがほとんどですから、

 

介護を必要とする本人や、その家族にとって、

 

ケアマネージャーは、心強い味方でもあります。

 

 

ケアプランは、ケアマネージャーが作成しなくても、

 

個人で行うことも出来ます。

 

 

ですが、介護保険の内容を知り尽くしている、

 

ケアマネージャーに計画を依頼するのが、

 

良い介護サービスを受けるための、最善策と言っても良いのです。

 

 

つまり、ケアマネージャーは、介護を必要としている人や、

 

その家族の思いをいかに理解し、判断してケアプランを立てるかが、

 

大切な仕事になります。

 

 

ケアマネージャーの重要性は、試験の内容を見ても、

 

その難しさから、感じ取ることが出来るでしょう。

 

 

現在ケアマネージャーとして働いている私も、

 

過去試験に2回落ちているのです。

 

 

高齢化社会が進む中、ケアマネージャーの重要性は、

 

これからますます高くなっていくことは、間違いなさそうですし、

 

同時に試験内容もより高度になることでしょう。

 

 


借金用語