ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の合格率

 

ケアマネージャーは、国家試験ではありませんが、

 

合格率は20%前後、と言うのが、ここ数年の数字です。

 

 

5人に1人の合格が、高いか低いかと言えば、

 

低い部類に入るのではないでしょうか。

 

 

私が、ケアマネージャーの試験を受けた時の合格率は20%くらいでしたから、

 

試験の時の座席を思い浮かべて、私の周り5人のうち、合格したのが私だけ、

 

と考えると、かなり難しいのかと感じました。

 

 

第1回のケアマネージャー試験は、合格率が50%以上でした。

 

これは、ケアマネージャーと言う、新しい資格に興味を持って

 

受験した人が多くいたからだと思われます。

 

 

また、問題を出題する側も、ケアマネージャーの知識をどこまで要求するのか、

 

はっきりしていなかったところもあるでしょう。

 

 

現在では、ケアマネージャーに求められる知識も多くなり、

 

年々試験内容は、難しくなっています。

 

 

ケアマネージャーの試験に、3回目の受験で合格した私も、

 

1回目と2回目の試験内容の大きな違いに、驚きましたから。

 

 

また、ケアマネージャーの試験は、約8割の正解率が求められます。

 

8割と言うと、25問の問題があれば、20問は正解しなければならないので、

 

単純なミスが命取りになります。

 

 

できるだけたくさんの問題に挑戦し、正解率を高めることが、

 

ケアマネージャーの試験に合格する近道です。

 

 

ケアマネージャーの合格率は、毎年違いますが、それだけにとらわれず、

 

正しい知識を勉強で得ることを地道に行えば、

 

合格が歩み寄ってくるかもしれませんね。

 

 


借金用語