ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の難易度

 

ケアマネージャーの試験は、

 

難易度が高いことで知られています。

 

 

もちろん、有名大学の受験や、各種の国家試験に比べれば、

 

難易度は低いのですが、任用資格の割には、難しいのではないでしょうか。

 

 

介護保険の導入が決定した当初は、ケアマネージャーがいなければ、

 

何も出来ない状態でしたから、受験者が多いわりには、合格率もかなり高く、

 

難しい部分も少なかったのです。

 

 

ところが、介護保険制度の見直しや、

 

レベルの高いケアマネージャーを養成するために、

 

年々試験の難易度は上がってきています。

 

 

ケアマネージャーとしての知識も、どんどん要求され、

 

私の友人のケアマネージャーは、

 

「今ケアマネージャーの試験を受けても、合格できないかも」と言うほど、

 

試験問題が専門的になっています。

 

 

また、もともと、国家資格を持っていなければ、

 

ケアマネージャーの受験資格が得られないのですから、

 

国家資格を取得する時点で、

 

難易度は高いといえるかもしれませんね。

 

 

そして、ケアマネージャーの試験対策としては、

 

とにかく多くの問題を解くことです。

 

苦手な分野は特に集中して、問題を解くといいでしょう。

 

 

介護保険に関する知識や、保健医療の知識も、毎日コツコツと勉強すれば、

 

決して難しいものではないので、難易度が高いからといって諦めず、

 

積極的に挑戦しましょう!

 

 

自分の努力は、必ず報われるのが、

 

ケアマネージャーの資格ですよ。

 

 


借金用語