ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの試験内容:実務講習

 

ケアマネージャーの学科試験、

 

つまり、介護支援専門員実務研修受講試験に、

 

めでたく合格すると、次は実務講習を受けることになります。

 

 

ケアマネージャーの実務講習は、そのほとんどが、

 

前期と後期に分かれていて、そのうちの一日でも休んでしまうと、

 

ケアマネージャーの資格は取得できません。

 

 

苦労して、ケアマネージャーの学科試験に合格したのに、

 

研修を休んでしまっては、もったいないですね。

 

 

ケアマネージャーの試験合格通知と一緒に、

 

この実務講習の案内が入っていますから、

 

それにあわせて、仕事の都合を付けることが大切です。

 

 

どうしても都合がつかない、また急病などで、

 

ケアマネージャーの実務研修を欠席してしまった場合、

 

次の年に限り研修を受けることも出来ますが、

 

ケアマネージャーとして働くことが、どんどん遅くなりますから、

 

できれば、一発で修了させましょう。

 

 

余談ですが、ケアマネージャーの試験に不合格の場合は葉書で、

 

合格の場合は封書で、手元に届けられるわけです(どちらも経験済み)。

 

 

そして、ケアマネージャーの実務講習は、講義と実習になります。

 

前期が講義、後期が実習となっているケースがほとんどです。

 

 

ここで詳しく説明するよりは、やはり学科試験に合格し、

 

自分で研修をしっかり受ける方がいいでしょうから、

 

まずは学科試験に合格するよう、勉強しましょう!

 

 


借金用語