ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの試験内容:学科試験

 

ケアマネージャーの試験は、

 

学科試験と実技講習に分かれています。

 

 

ケアマネージャー試験と呼ばれているのは、

 

正式名称を「介護支援専門員実務研修受講試験」と言い、

 

ケアマネージャーの実務講習を受けるための試験なのです。

 

 

この学科試験に合格するのが、

 

ケアマネージャーを目指している人には、

 

大きな壁となっています。

 

 

ケアマネージャーの学科試験は、介護支援分野、

 

保健医療サービス基礎、保健医療サービス総合、

 

福祉サービス総合の4つに分けられています。

 

 

持っている資格によって、このケアマネージャーの学科試験は、

 

免除される部分があるのですが、

 

それでも、試験問題はかなり難しいのです。

 

 

介護支援分野に関しては、持っている資格に関わらず、

 

全ての人が受験する必要があります。

 

 

ケアマネージャーは、介護支援のプロですから、

 

必須項目といえるでしょう。

 

 

医療関係の資格を持っている人は、

 

保健医療サービス基礎は免除となります。

 

 

また、福祉関係の資格を持っている人は、

 

福祉サービスは、免除となっています。

 

 

ケアマネージャーは、それぞれの資格を優先させた、

 

試験内容になっているのです。

 

 

持っている資格によって、

 

免除される試験内容が違いますから、試験時間も違います。

 

 

自分の資格と、受験内容を照らし合わせて、

 

効率よくケアマネージャーの受験勉強に励みましょう!

 

 


借金用語