ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の申し込み

 

ケアマネージャーの受験資格を満たし、勉強も始めている!という人は、

 

まず試験の申し込みをしなくてはいけませんね。

 

もちろん、試験勉強は、同時進行で行えば、安心ですよ。

 

 

ケアマネージャー試験の受験要項は、

 

県によって次期に違いはありますが、

 

だいたい6月後半辺りから、配布が始まります。

 

 

県庁の福祉課や、市役所、合同庁舎など、

 

住んでいる地域によって、配布している場所が違うので、

 

ケアマネージャーの受験要綱の配布時期などもあわせて、

 

電話で問い合わせておきましょう。

 

 

遠方で、どうしても自分で取りにいけない、

 

という場合には、郵送もしてくれるはずです。

 

 

私は、田舎に住んでいたので、

 

3年続けて合同庁舎の福祉課に

 

ケアマネージャーの受験要綱を取りに行きました。

 

 

3回目ともなると、かなり余裕が出て、

 

ケアマネージャーの受験要綱が配布される時期も、

 

予想できるようになっていましたが(笑)。

 

 

ケアマネージャーの受験要綱は、

 

出来れば1部でなく、2部あったほうが無難です。

 

 

記入ミスも考えられますし、記入が面倒な部分もあるので、

 

間違っても大丈夫なように、多めにもらっておきましょう。

 

 

また、ケアマネージャーの受験要綱の配布から、

 

申し込み締め切りまで、期間が短めです。

 

 

実務経験証明書なども、取り寄せなくてはならない場合、

 

ゆっくりしていると間に合わない、ということもありますから、

 

ケアマネージャーの受験要綱を手にしたら、

 

早めに申し込みをしましょう。

 

 


借金用語