ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の実務経験

 

ケアマネージャーの試験には、実務経験が決められています。

 

実務経験とは、実際に働いた日数のことです。

 

 

例え、ケアマネージャーの受験資格である、国家資格を持っていても、

 

その仕事に従事していなければ、認められないのです。

 

 

特に、病院での看護助手は、ホームヘルパーの資格を持っていても、

 

ケアマネージャーの受験資格である実務経験には、カウントされません。

 

 

ケアワーカーという名称で、募集をかけている病院も多いので、

 

実務経験と勘違いする場合があります。

 

 

また、薬剤師の資格も、製薬会社などでの研究業務では、

 

ケアマネージャー試験の実務経験とは、認められません。

 

薬局での調剤業務は該当しますが、ちょっと面倒ですね。

 

 

ですから、これからケアマネージャーに挑戦しようと考えていて、

 

まだ資格もない場合には、できるだけ早く、資格を取り、

 

実務経験を重ねることが必要です。

 

 

ケアマネージャーの受験資格である実務経験については、

 

申し込む人の勘違いがかなり多く、その時点で、

 

受け付けられないことがよくあるようです。

 

 

ケアマネージャーの試験勉強も、非常に大切ですが、

 

まずは、受験資格である実務経験が、

 

どれくらいあるのかを調べてみましょう。

 

 

また、この実務経験は、試験前日までの分をカウントしますから、

 

申し込みの際に日数が足りなくても、前日までに満たしていれば問題ありません。

 

 

それに該当する人は、安心して

 

ケアマネージャーの受験勉強ができるでしょう。

 

 


借金用語