ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャー試験の受験資格

 

では、ケアマネージャー試験の受験資格について、お話しましょう。

 

ケアマネージャーの受験資格とは、医療や福祉、

 

保健分野の有資格者で、その実務経験が、

 

5年以上で、しかも900日以上となっています。

 

 

医療や福祉、保健分野の資格とは、

 

医師や歯科医師、薬剤師や看護師、保健師を始め、

 

理学療法士や作業療法士、介護福祉士や社会福祉士などがあります。

 

 

詳しいことは、ケアマネージャーの受験要綱に記載されていますから、

 

自分がその受験資格に当てはまるかを、調べておくといいでしょう。

 

 

また、資格を取って、5年以上たっていても、

 

実際にその資格を生かして働いた日数が、

 

900日を超えていなければ、

 

ケアマネージャーの受験資格には満たないのです。

 

 

ケアマネージャーの受験資格で、

 

特に注意しなければならないのが、薬剤師です。

 

 

製薬会社などで、薬品の開発などに従事していた場合には、

 

それは実務経験には、カウントされません。

 

 

薬局での調剤業務は、実務経験に当てはまりますから、

 

薬剤師の資格があって、ケアマネージャーの受験を考えている人は、

 

実務経験について、よく調べておきましょう。

 

 

そして、ホームヘルパーの資格があり、実務経験が同じく5年以上で、

 

900日以上の実務日数があれば、ケアマネージャーの受験資格は得られます。

 

 

他にもいくつか受験資格はありますから、

 

ケアマネージャーの受験を検討する場合は、

 

まず受験資格を調べておくと、勉強の目安にもなるでしょう。

 

必要な実務経験【通算5年以上】 医師、歯科医師、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科衛生士、言語聴覚士、栄養士(管理栄養士を含む)、義肢装具士、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師

■上記以外の人で以下の条件の人

・介護などの仕事をしている人で、社会福祉主事任用資格、あるいはホームヘルパー養成研修2級を修了の人、過去に相談援助業務に1年以上従事した人
必要な実務経験【通算10年以上】 上記に当てはまらず、介護等の業務に従事した人

※受験資格は、各都道府県によって若干違う場合がありますので、
不安な場合は、窓口に問い合わせ下さい。

 

 


借金用語