ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの試験

 

ケアマネージャーになるには、

 

その資格を取得しなければなりません。

 

 

ケアマネージャーは、年に1回行われる

 

実務研修受講試験に合格しなくては、

 

資格を手にすることはできないのです。

 

 

ケアマネージャーの試験は、実施する県によって違いますが、

 

だいたいは10月末か11月の最初の日曜日に行われています。

 

この試験日に、大きな変化はないと思われます。

 

 

そして、ケアマネージャーの受験要綱は、

 

その半年くらい前に提示されています。

 

 

受験要綱は、市役所や、合同庁舎などの

 

福祉課で取り寄せることが出来ますから、

 

もらってくると、詳しい内容がわかるでしょう。

 

 

ケアマネージャーの試験を受けるには、

 

実務経験や、持っている資格に制限があります。

 

 

その基準を満たしていなければ、

 

試験の申し込みをしても、受け付けてはもらえません。

 

どんなにケアマネージャーになりたい気持ちがあっても、無理なのです。

 

 

また、ケアマネージャーの試験は、

 

かなり難易度が高く、合格率も低いのです。

 

 

それだけ勉強をするやりがいがあると思ってもらえれば、嬉しい限りですが、

 

これまでケアマネージャーの試験には、私も2回ほど落ちているので、

 

簡単ではないと言えます。

 

 

ただ、何としてでも、ケアマネージャーになるんだと言う、

 

強い気持ちを持って、努力すれば、必ず道は開けるものと思っています。

 

 

難しい試験をクリアーしてこそ、

 

良いケアマネージャーになれるのではないでしょうか。

 

 


借金用語