ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーになるには?

 

では、ケアマネージャーになるには、どうすればいいのでしょうか。

 

それにはまず、ケアマネージャーの試験を受けなくてはなりません。

 

 

ケアマネージャーは、国家試験ではなく、任用資格なのですが、

 

国家資格に近いものがあります。

 

 

ケアマネージャーは、試験を受けて合格し、

 

研修を受けて資格を手にすることができますが、

 

この試験内容が、任用資格にしては難しいのです。

 

 

ケアマネージャーの試験は、毎年10月の第4日曜日に行われます。

 

ケアマネージャーの場合、その学科試験に合格したからと言って、

 

すぐに資格を手に入れられるわけではないのです。

 

 

ケアマネージャーの学科試験に合格した人は、

 

「介護支援専門員実務研修」を受けることになります。

 

 

この実務研修を無事に修了して、

 

初めて介護支援専門員、即ちケアマネージャーとなれるのです。

 

 

ケアマネージャーの実務研修は、

 

学科試験に合格しなければ、無意味ですから、

 

ここでは、あえてケアマネージャーの学科試験について、

 

色々とお話したいと思います。

 

 

ケアマネージャーの学科試験に挑戦するには、

 

実務経験や受験資格が決められています。

 

 

どんなにケアマネージャーになりたくても、

 

この受験資格に該当しない場合には、試験は受けられません。

 

 

ケアマネージャーになりたいと考えている人は、

 

まず、自分がその受験資格に該当しているかを、確認するといいでしょう。

 

 

もちろん、受験資格に該当していなくても、今のうちから、

 

ケアマネージャーの受験勉強を重ねておくことも、良い心がけといえますね。

 

 


借金用語