ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの職場

 

ケアマネージャーの職場は、どんなところがあるでしょう。

 

代表的なところは、介護保険施設や、

 

民間の居宅介護支援事業所などがあります。

 

 

介護保険施設では、介護が必要な入所者100人に1人の割合で、

 

ケアマネージャーを置くことが決められています。

 

 

そこでのケアマネージャーは、施設サービス計画を立て、

 

それがケアプランとなるのです。

 

 

また、居宅介護支援事業所は、訪問介護や通所介護、

 

訪問看護などのサービスを行う所で、

 

利用者さんが50人いればそれに対して、

 

1人のケアマネージャーが必要です。

 

 

しかも、居宅介護支援事業所の場合には、

 

ケアマネージャーが管理者となることも、決められているので、

 

ケアマネージャーとしての経験を積んだ人が、管理者になっているのです。

 

 

これらの職場で働くケアマネージャーは、必ず常勤であるこことが、

 

義務付けられていますが、それ以外でもケアマネージャーを

 

雇っているところもあります。

 

 

これは、ケアマネージャーが、基準の配置では、

 

業務をこなせないことが理由で、

 

パートなどで働くケアマネージャーもいます。

 

 

その他にも、民間の企業で、

 

ケアマネージャーを募集している場合もあります。

 

 

また、経験を積んだケアマネージャーの中には、独立して、

 

事務所を構えている人もいます。

 

 

ケアマネージャーの職場は、

 

多岐に渡っていると言ってもいいのではないでしょうか。

 

 


借金用語