ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの待遇

 

毎日が忙しいケアマネージャーですが、

 

その待遇は、割に合わないと感じている人が、多いかもしれません。

 

 

実際に、私も介護福祉士の資格を持っていて、

 

ケアマネージャーの試験に合格し、

 

現在は、ケアマネージャとして働いていますが、

 

働く前は、介護福祉士として現場で働くよりも、

 

待遇は良くなるものと思っていました。

 

 

それは、ケアマネージャーの試験を受けるには、

 

一定期間の実務経験が必要ですし、

 

ケアマネージャーの仕事内容を考えれば、介護福祉士に比べると、

 

かなり待遇が良いと思い込んでいたのです。

 

 

正直なところ、介護福祉士とさほど給与面は変わりません。

 

介護福祉士の方が、夜勤業務などがあるので、もしかしたら、

 

給与は高いかもしれませんね。

 

 

ですが、このケアマネージャーの待遇は、

 

職場によっても違いがあります。

 

 

公務員待遇で働いている人もいれば、

 

ケアマネージャーは、事務職の一員であるとされて、

 

あまり待遇面では優遇されていない人もいます。

 

 

小規模の介護事業所などでは、ケアマネージャーがいなければ、

 

業務を行うことができませんから、新しく開設するところでは、

 

比較的待遇を良くして募集している場合もあります。

 

 

ケアマネージャーは、現在数が多くなっていると言われていますが、

 

質の高い人材を職場では必要としていますから、

 

人数ではなく、良い仕事をすることを目標として、

 

ケアマネージャーの資格取得を目指しましょう!

 

 


借金用語