ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーとモニタリング

 

ケアマネージャーには、モニタリングという仕事もあります。

 

モニタリングと聞くと、ものすごく専門的な感じを受けますが、

 

要は、自分の作成したケアプランが、

 

利用者さんに適したものであったかを評価することです。

 

 

もちろん、このモニタリングは、

 

ケアマネージャーが作成した、ケアプランの評価ですが、

 

利用者さん本人の満足度ということも、非常に重要です。

 

 

介護保険では、少なくとも月に一度は、ケアマネージャーが、

 

利用さんのお宅を訪問し、受けているサービスの内容確認をします。

 

 

そして、三ヶ月に一度は、モニタリング結果をケアマネージャー自身が、

 

記録として残さなければなりません。

 

一月に一度の訪問で良い、と考える人は、それは安易過ぎます。

 

 

ケアマネージャーは、職場によって違いはありますが、

 

一般的には、30人から50人位の担当を抱えていますから、

 

1日のうちに、必ずどこかのお宅を訪問する計算になります。

 

 

毎日がモニタリングのような感じになりますね。

 

そして、その評価をするわけですから、

 

いつもその繰り返しになっているかもしれません。

 

 

それは大げさですが、それくらい毎日が忙しいということを、

 

把握しておいてほしいのです。

 

 

ケアマネージャーのモニタリングの結果で、

 

ケアプランが見直されることもありますし、

 

新たなサービスの検討も考えなくてはならない場合もあります。

 

 

その為、モニタリングは、良いサービスを提供する上で、

 

なくてはならない業務と言えるでしょう。

 

 


借金用語