ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーと給付管理

 

ケアマネージャーは、ケアプランの作成を行うのが、

 

主な仕事といわれていますが、

 

給付管理もそれと同じくらい重要なのです。

 

 

給付管理とは、ケアプランが実行された際の費用の計算のことで、

 

ケアプランのサービスが、確実に提供されたのかどうかを確認すると共に、

 

利用者さんや国に対しての請求をしなければなりません。

 

 

もちろん、ケアマネージャーは、ケアプランを作成する際に、

 

かかる費用を予め計算して、利用者さんに提示し、

 

納得してもらう必要があります。

 

 

利用者さんの介護度によって、

 

介護保険の限度額が違いますから、

 

それを超えないようにケアプランを立てるのも、

 

ケアマネージャーの仕事です。

 

 

また、利用者さんの状態の変化で、

 

ケアプランの変更を余儀なくされるケースもあります。

 

 

その時に、ケアマネージャーは、臨機応変に対処し、

 

利用限度額の範囲内でサービスが受けられるよう、配慮するのです。

 

 

また、請求には、専用の書類の作成も必要で、

 

毎月の締め切りがありますから、ケアマネージャーは、

 

他の業務もこなしながら、それに間に合うように

 

行わなければならないのです。

 

 

あまりに業務が多く、請求まで手が回らないのが実状で、

 

その際は、介護事務員にその補佐をお願いしています。

 

 

介護保険の給付管理は、間違いがあると、

 

その月の報酬が遅れることとなり、事業所はもちろん、

 

利用者さんにまで迷惑がかかりますから、

 

極力ミスのないようにしなければなりません。

 

私個人としては、この仕事が一番苦手ですね(笑)。

 

 


借金用語