ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーと介護認定

 

ケアマネージャーは、介護認定にも、重要な役割があります。

 

介護認定とは、介護が必要な状態となった時に、その詳しい状態を申請し、

 

認めてもらうことで、ケアマネージャーが、その代行申請を行うケースもあります。

 

 

また、介護申請は、住んでいる市町村に行いますが、

 

申請を受けた市町村では、自宅に訪問し、

 

介護認定を申請した本人に、聞き取り調査を行います。

 

 

この時に、委託を受けている介護サービス事業者のケアマネージャーが、

 

訪問し調査をすることもあります。

 

 

ケアマネージャーは、介護認定に関して、

 

申請する側や調査する側になるので、

 

それぞれに対する知識も持ち合わせていなければなりません。

 

 

市町村の聞き取り調査などが終了し、

 

色々な項目をコンピューターで照らし合わせ、

 

第一次判定がなされます。

 

 

その後、二次判定が介護審査会で行われ、

 

最終的に介護認定がされるのです。

 

 

介護認定がされてから、担当のケアマネージャーは、

 

ケアプランの作成に移るわけです。

 

 

ケアマネージャーとしての意見でなく、

 

私個人としては、コンピューターの介護判定は、

 

やはり利用者一人一人を見ることは出来ません。

 

 

介護保険は、本人の希望を最優先するといっても、

 

コンピュータでは、そこは理解できない部分もあるでしょう。

 

 

そういった点で、機械的な判定がなされないようにアドバイスするのも、

 

ケアマネージャーの介護認定に関わる大切な仕事だと思っています。

 

 


借金用語