ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーとケアプラン

 

では、ケアマネージャーの代表的な業務である、

 

ケアプランについてお話しましょう。

 

 

ケアプランは、介護サービス計画とも言われ、

 

介護が必要になった人が、その認定を受け、

 

利用できるサービスの計画書のようなもので、

 

主に、ケアマネージャーが作成します。

 

 

ケアプランに関しては、ケアマネージャーでなくとも、

 

本人かその家族が作成しても良いことになっていますが、

 

詳しいサービス内容や、専門用語など、難しい面が多く、

 

ほとんどケアマネージャーが作成していると言ってもいいでしょう。

 

 

しかも、このケアプランの作成は、要介護認定を受けた人が、

 

その費用を負担する必要がないので、

 

ある意味、遠慮なくケアマネージャーに依頼すればいいのです。

 

 

ケアプランの作成には、要介護認定を受けた本人や、

 

その家族の希望が十分取り入れられなければなりません。

 

 

そのためには、ケアマネージャーは、ただ単に計画を立てるのでなく、

 

地域の介護サービスや、関係機関との連絡を密に取り合い、

 

最新の情報を常にもっていなければならないのです。

 

 

さらに、ケアプランを作成した後も、

 

ケアマネージャーは、そのフォローをすることが重要です。

 

 

ケアプランに沿ったサービスが提供されているか、

 

利用者本人、家族の様子はどうかなど、

 

必要であれば、ケアプランの見直しをする場合もあります。

 

 

ケアマネージャーは、自分の作成したケアプランについて、責任がありますから、

 

計画を立てるだけでなく、評価をすることも業務の一つなのです。

 

 


借金用語