ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの仕事

 

ケアマネージャーの仕事は、介護を必要としている人が、

 

その人に合った介護サービスを受けられるように、

 

配慮することと言っても良いでしょう。

 

 

介護保険が導入されて、介護が必要になったと考えられる際には、

 

まずその申請を行ない、認定されなければなりません。

 

 

ですが、そういった手続きなどは、素人では難しいことが多く、

 

それを解消するのが、ケアマネージャーの仕事といえるのです。

 

 

具体的にケアマネージャーの仕事を挙げれば、

 

介護認定などの訪問調査や、申請の代行、

 

そしてケアプランの作成や、その後のモニタリングとなります。

 

 

介護認定の申請などは、介護が必要とされる本人や

 

家族が行うのですが、諸事情により、

 

それができない場合もあります。

 

 

その際に、ケアマネージャーが

 

代行することが可能となっているのです。

 

 

また、介護を受ける必要がある人に対して、

 

有意義なサービスはどんなものか、

 

そして本人や家族の希望とあっているのかなど、

 

常に考えなければなりません。

 

 

ケアマネージャーは、その報酬が、

 

ケアプランを作成することにありますから、

 

多くのケアプランを作成することが仕事、と考えがちですが、

 

いかに質の高いケアプランを立てることができるかが、重要なのです。

 

 

また、地域の介護サービスについて、どんなものがあるかということも、

 

その人に合った介護サービスを提供するという意味では、かなり重要です。

 

 

質の良いケアプランを作成するために、

 

ケアマネージャーは、多くの情報網を確保することも、

 

仕事内容の一つと言えます。

 

 


借金用語