ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの年収と給与

 

それでは、ケアマネージャーの

 

給与と年収についてお話しましょう。

 

 

ケアマネージャーの待遇は、

 

業務のわりに悪いと感じている人は、多いものです。

 

 

もともと福祉の仕事は、給料が安く、

 

なり手が少ないのが当たり前でした。

 

 

しかも、給料が安くても、お年寄りが好きだから、

 

という好意を逆手にとって、働かせている傾向にあります。

 

最近では、それもやっと改善されつつあるような感じはしますが。

 

 

さて、ケアマネージャーの給与ですが、職場によって違いはありますが、

 

25万円前後のところが多いようです。

 

 

ただし、これは、ケアマネージャー単独の給与ではありません。

 

ほとんどの職場で、ケアマネージャーは、

 

看護師や介護福祉士といった業務を兼ねており、

 

その給与と考えていただければいいでしょう。

 

 

ケアマネージャー単独のケアプラン作成は、

 

数をこなせばそれだけ給与に繋がりますが、

 

なかなかうまくいかないのが現状です。

 

 

年収も、男性であれば420万円前後、女性であれば360万前後と、

 

激務のわりには、やや低い水準なのです。

 

 

ただし、介護保険の見直しや、制度の変更がこれからも行われ、

 

その都度、ケアマネージャーの重要性が高くなるはずです。

 

 

一時期少なくなっていたケアマネージャーの求人も、

 

ここにきてまた増加しています。

 

 

ケアマネージャーは、とてもやりがいのある仕事です。

 

確かに、給与面ではまだまだかもしれませんが、

 

将来性のある仕事でもあります。

 

 

私としては、ケアマネージャーの今後の活躍で、

 

待遇も向上するのでは、と思っています。

 

 


借金用語